四谷の四谷三丁目駅・四ツ谷駅近く、内科・循環器内科・外科・小児科まがり医院です。

医院案内

内科

花粉症は 人によって出なかったりするアレルギーです。しかし、急に花粉症が増え始めた原因は何だったのでしょう。昔から杉やヒノキはあったはずなのに、なぜなのか?笑う寄生虫で有名な藤田先生の説が最もらしい。アレルギーはIgE抗体が引き起こすことが分かっています。この抗体がリンパ球につくことで、ヒスタミンを放出しアレルギーが起こります。しかし、昔は皆さん体内に回虫などの寄生虫が存在し、この寄生虫の出すIgEがリンパ球を埋め尽くしていて、花粉のIgEが接着する場所がなくて花粉症が起こらなかったと言われています。すなわち寄生虫が駆逐され環境がきれいになってしまったことによる現代病ともいえます。

花粉症の発症メカニズム

普段よりマスクをすることが大事ですが、マスクを装着することでかなりの花粉をブロックすることが可能です。マスクはどんなものでも効果ありますがガーゼマスクはあまり効果は高くありません。装着する際のコツは 必ずマスクを鼻の上から手で押さえ周辺を皮膚と接着させると効果は高くなります。また、うがいや洗顔なども効果があります。
治療方法は内服薬が数多く存在します。ご相談ください。


舌下免疫療法

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。
アレルゲン免疫療法は、アレルギーを起こしている原因物質(アレルゲン)を投与し少しずつ体を慣れさせていく減感作療法です。

近年では治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるようになりました。「舌下免疫療法」は、スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんが治療を受けることができます。

来年の花粉症シーズンに対する治療は、12月まで開始ができます。

●詳しくは下記のサイトにてご覧ください。
アレルゲン免疫療法ナビ
ダニによるアレルギー性鼻炎に関する情報サイト

お電話でのお問い合わせは03-5362-5531
新宿区四谷の四谷三丁目駅・四谷駅近くにある「まがり医院」では、内科・外科・循環器科内科・小児科・予防接種・特定健診など、幅広く診療しています。お薬は院内処方です。