四谷の四谷三丁目駅・四ツ谷駅近く、内科・循環器内科・外科・小児科まがり医院です。

医院案内

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは、脚の静脈が、太く浮き出ている、もしくは瘤(こぶ)のように膨らんだ状態のことです。 一般に加齢とともに増加し、脂肪の多い人、女性に多く、妊娠を契機として発症することが多い病気です。 また長時間の立ち仕事、重い荷物を扱う職業に下肢静脈瘤は多く、家族や近親者に病歴のある人すなわち遺伝の関与も指摘されています。

下肢静脈瘤ができる理由

静脈は心臓に血液を返す血管ですが、動脈のように血管内圧が高くはありません。静脈は竹の節のように静脈弁が存在し、周りの筋肉が血管をしごいて、血液を上へ上へと押し上げていきます。しかし、この静脈弁が壊れてしまうと、血液は心臓に戻ることができずに足にたまってしまいます。その結果、静脈がふくれあがり、下肢静脈瘤となるわけです。

例外的に、足の深いところにある深部静脈が血栓で詰まってしまい、二次的に回り道で静脈瘤ができる場合もあります。(こちらの静脈瘤は治療の対象にはなりません。)

下肢静脈瘤の原因

(1)立ち仕事
(2)妊娠

などが主な原因になっています。それは、下肢に血液がたまりやすいためです。

下肢静脈瘤の症状

足の静脈が数珠状に浮き上がっていて、足がだるい、痛い・足が重い、足が疲れやすいなどの症状が出てきます。進行してくると、色素が沈着する、潰瘍が出来る。 下肢静脈瘤が重症になると、皮膚が黒ずみ、ただれ、最終的には潰瘍(皮膚がくさる)にまで発展することがあります。

下肢静脈瘤の診断方法

足をみれば分かりますが、現在では超音波、空気容積脈波などがあります。しかし、もっとも簡単なのは駆血帯で下肢を縛り、静脈瘤の消失をみる方法です。Brodie trendelenburg testやperthes testが有効な方法です。

下肢静脈瘤の治療法

手術、レーザーといった治療方法があります。当院では、主に静脈瘤硬化療法と高位結さつ術を併用しております。

下肢静脈瘤硬化療法の実際

1.下肢を駆血帯で縛り静脈を浮き上がらせ、27G翼状針を刺す。(写真1)

2.生理食塩水を注入し、血液を洗い流します。硬化剤は血液があると硬化力が低下しますので十分な洗浄が必要です。硬化剤(ポリドカスクレロール)を注入し、硬化させる血管を上からガーゼで圧迫固定します。ポリドカスクレロールは空気とともに攪拌し泡状にした方が少ない量で硬化します。(写真2)

3.約24時間固定後、圧迫を解除します。(写真3)下肢の硬化した静脈瘤がゴリゴリする場合には、内部に血栓があるため注射器で吸引除去を行います。

下肢静脈瘤の実際
お電話でのお問い合わせは03-5362-5531
新宿区四谷の四谷三丁目駅・四谷駅近くにある「まがり医院」では、内科・外科・循環器科内科・小児科・予防接種・特定健診など、幅広く診療しています。お薬は院内処方です。